フィンペシアの特徴

フィンペシアとは男性型脱毛症の治療薬として利用されているプロペシアのジェネリック医薬品です。有効性や安全性が実証されている新薬と同等でありながら低価格で購入することができる薬です。新薬が開発されその特許期間が過ぎてしまうと他のメーカーも同様の薬を製造することができるのです。

プロペシアもフィンペシアも特徴は同じです。フィナステリドという成分を含み、男性型脱毛症の治療をおこないます。男性型脱毛症とはどのようなものなのでしょうか。男性ホルモンが代謝されてつくられるジヒドロテストステロンが原因です。これが増えすぎると髪の毛の成長を止めてしまい、生えてきた毛はすぐに抜けてしまいます。こうして薄毛になってしまうのです。

でも男性ホルモンそのものは脱毛の原因にはなっていません。それどころか男性にとって必要なものです。脱毛を解消するにはジヒドロテストステロンがつくられなければいいのです。ではジヒドロテストステロンの生成を抑制するためにはどうすればいいのでしょうか。その生成には酵素がはたらいています。それが5αリダクターゼという酵素なのですが、この働きを阻害することで脱毛の原因物質ジヒドロテストステロンの生成を防ぐことができるのです。

ただいいことばかりではありません。やはりフィンペシアには副作用があります。精子の数が減少したり勃起不全や性欲の減退などがおきることがあります。でもそんなに高い確率ではおきません。だから過剰な心配は必要ないのですが妊娠中の女性には大きな副作用がでることがあります。もっとも女性が男性型脱毛症になることはないので使用することはないと思いますが、家族が薬を使用しているときは不用意にさわらせないようにするなど注意が必要です。

■育毛を実感したいならこの薬
ツゲインで強い髪を育てる
■オススメの脱毛症治療薬
フィンペシアは通販で安価で購入可能